• ホーム
  • 低用量ピルはたくさんあるので一番よい選び方はドクターに聞くこと

低用量ピルはたくさんあるので一番よい選び方はドクターに聞くこと

微笑んでいる女性

低用量ピルにはたくさんの種類があり、初めて服用する人はどの低用量ピルが自分にあっているのかわからないこともあり選び方も不安になります。基本的には低用量ピルは医師の診断を受け、処方をしてもらう薬なので自分にあったものを相談することもできます。低用量ピルの違いには、まずピルを服用する期間によって分かれますが、2種類のものがあり1シート21錠のものと28錠のものがあります。21錠のシートは21日間連続して服用し、その次の日から7日間は休薬期間になり何も服用しません。28日目から次のシートを用い、21日間連続して服用するという流れです。

28錠のシートは、21日間は女性ホルモンが配合されている薬を服用しますが、残りの7錠は成分が何も配合されていない薬を服用します。目的は薬を服用することに対してルーティン化させるため、飲み忘れなどを防ぐことができメリットになります。低用量ピルには2つの女性ホルモンである、黄体ホルモンと乱暴ホルモンが配合されていますが、それらの配分や全体的な量は低用量ピルの種類によって違います。どのような目的で服用するかにより、配合されている成分の量が重要になります。まず選び方はドクターに相談することが大切ですが、何を目的に服用するのかを伝えます。

避妊効果を期待したり、生理痛の軽減や月経前症候群を軽くさせたい・生理不順を改善させたいなどの理由もあります。また旅行などのイベントがあるので、生理を遅らせたり早めたりしたいケースも見られます。ニキビ改善や美肌効果を期待することもありますし、排卵をなくして卵巣を休ませたいという人もいるので目的はそれぞれ違うことがわかります。また低用量ピルには有名なものや、それらのジェネリック医薬品などが揃っていて、値段にも大きな幅があります。毎日服用するものなのでコストがどのくらいかかるかは、とても重要なことになります。

自分の体質や目的にあっていながら、価格も自分のお財布と相談をすることができるのが、ドクターに相談するメリットです。ドクターを受診すれば多くの場合内診も必要になりますが、現実として内診が不安だという人も少なくありません。このような時にはドクターにその旨を伝えると、内診は見送りにしてくれることもあります。実際には内診を受けることで、さらに低用量ピルの選び方が変わってきます。内診で他の女性疾患を見つけることもあり、低用量ピルを服用する前に完治させる必要があるケースもあるからです。

関連記事
低用量ピルと中用量ピルの違いを知れば自身に効果があるものが分かる 2020年06月25日

ピルと呼ばれている薬には一般的に卵胞ホルモンであるエストロゲンや、黄体ホルモンであるプロゲステロンが配合されています。これらは2種類の女性ホルモンで、含まれている卵胞ホルモンの量により、低用量ピルと中用量ピルに分類されます。違いとして、低用量のピルは中用量のピルに比べると卵胞ホルモンの量が少なく配合...

ヤーズにも併用禁忌があるので何かしらの治療を受けている方は注意 2020年06月19日

ヤーズは4ヶ月も連続で服用でき、副作用も少ない低用量ピルですが、それでも併用禁忌があるので何かの治療を受けていて、薬を服用している人は医師に相談をする必要があります。併用禁忌は飲み合わせが悪い薬があり、それと併用してはいけないという意味です。もし併用してしまった場合は本来持ち合わせている、薬の作用が...

女性のさまざまな悩みに素晴らしい効果があるのが低用量ピルのヤーズ 2020年06月17日

低用量ピルのヤーズは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの有効成分を配合している、国内初の連続服用が可能である薬です。また副作用を軽減するためには卵胞ホルモンの含有量が20μgまでに抑える必要があるので、超低用量ピルとも呼ばれることがあります。排卵を抑え子宮内膜が厚くならないようにするので、妊娠が成立...