多様な薬

低用量ピルには2種類の女性ホルモンが含まれており、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが体のホルモンバランスを調整します。また経口避妊薬とも呼ばれますが、避妊を目的に服用している女性も多いです。1日1錠を決まった時間に服用することで、排卵を抑制しながら子宮内膜の増殖を抑えるので必然的に妊娠しにくい環境を作り上げます。
低用量ピルは他の避妊法としてよく知られている、コンドームよりも高い避妊効果があるとされています。毎日正しく服用することで100%の確率で避妊効果が期待できますし、ピルと同様の確実な避妊法は不妊手術などがあります。しかしこれは出産経験がない人には適さない方法なので、若い女性を中心に低用量ピルが人気になっています。

低用量ピルを使う中で効く・効かないという噂がありますが、噂の嘘・本当を知っておくことで快適に継続することができます。最も確実な方法で安全性が高い方法で、望まない妊娠を回避することができるのが低用量ピルの服用です。低用量ピルを服用する目的は、妊娠したくない場合やニキビを治したい・美肌を目指したい人や、生理不順で周期を安定させたいなどがあります。そのほかに生理痛がひどく軽減させたい時や、生理前に起こる月経前症候群を解消したい、子宮体がんや卵巣がんのリスクを減らしたい人も服用していることがあります。

効かないと言われやすいのは副作用があり、なかなかすぐにメリットを感じられないからです。特に体のホルモンバランスが整うまで慣れる必要があり、だるさや吐き気、頭痛などを感じることがあります。妊娠している時のような状態になるので、つわりに似た、それよりも軽度のものになります。このことで体に不調を感じ低用量ピルは効かないと勘違いしてしまうケースもありますが、これは一時的なもので2?3週間ほど継続することもあります。胸が張り痛みを感じることもありますが、これは3?6ヶ月間も続くことがあり効くことに不安を感じる人も多いです。

体のホルモンが安定すれば不快な症状が消えますし、期待する効果だけを得ることができるので、効かないということは嘘になります。低用量ピルは名前の通り、ホルモン量が低いため副作用も少ないことが特徴です。飲み始めてから1週間くらい継続することで、避妊効果が出始めるのでそれまでは効果がないという人もいます。これはまだホルモンが安定していないため、生理が開始し5日以内に服用し始めることが理想です。妊娠していないことを確認して、1週間は他の避妊法を取り入れ併用することが基本になります。